乳がん告知後、全摘手術、そして乳がんではなかった(誤診)ことが判明

乳がん67daysトップへ > 入院にまつわるあれこれ > クリニカルパス(入院当日)

クリニカルパス(入院当日)

病室で手持ち無沙汰にしていると、担当の看護師さんが来て、いろいろと説明をしてくれました。資料もいくつか渡され、その中にクリニカルパスという診療スケジュール表がありました。治療処置の内容、検査内容、制限事項などが入院前日から術後まで一覧表になっています。病院側の説明では、以下のようになっています。

クリニカルパスとは
入院から退院までの経過をあらかじめ設定した計画表にのっとり、診断、治療をすすめていきます。この計画表は入院時にお渡しします。これにより、治療開始からその後の予定を立てていくことが容易になり、患者さんも安心して過ごすことができます。

実際、入院中は「今日の予定はあとなんだろう?」「これはやったっけ?」と、たびたび取り出しては眺めていました。

入院当日は、ほかにこんなことがありました。

●主治医と助手の先生の訪問
主治医に今日は珍しく時間があるので、術前の説明が可能ですが、予定はいかがですか?と聞かれましたが、夫には明日の夕方以降に病院にくるよう伝えてあるので、明日してもらうことに。

●術前検査
心電図
呼吸機能検査
胸部X線

●麻酔医の訪問
全身麻酔をする上での注意事項が担当の麻酔医からありました。合併症の危険性、術後考えられる副作用などの話などです。「口を開けて歯を見せてください」と言われ、ちょっとびっくり。何故そうするのかというと、手術中、口から管を通す際、歯が欠けたり、義歯がとれたりすることがあるそう。現在、問題がなければ大丈夫とのことでした。

●おしっこを溜める
24時間おしっこを溜めるように指導されます。1回もパスしてはダメ。プラスチック製のビーカーにおしっこをし、プラスチック製の蓋尽きの瓶に溜めていくんですが、面倒くさい。トイレに流せることを心待ちにしていました。

●お見舞い
夕方、友人がお見舞いにきてくれました。退屈でどうしよーと思っていたので、本当にうれしかった。手術するために入院しているというのに、病気のことはほとんど話題にせず、ネットがらみのことを談話室と病室でいっぱい話してリフレッシュできました。入院前にさんざん情報収集したこともあってか、しばらく病気のことはいいという状態だったのです。

カテゴリ内の記事一覧

入院準備

入院当日の朝

病室の様子(入院当日)

クリニカルパス(入院当日)

手術前日(入院2日目)

インフォームドコンセント

Copyright(c) 2005-2006 乳がん67days all rights reserved.