乳がん告知後、全摘手術、そして乳がんではなかった(誤診)ことが判明

入院当日の朝

病院からは10時半までに入院受付に来るよう、連絡をもらっていましたが、前日の天気予報では雨の予報が出ていたので、夫の通勤時間に合わせ、一緒に自宅を出ることになっていました。1時間以上早く現地に着きますが、本屋で本を探したり、お茶を飲んで過ごそうと思っていました。

電車は時間通り。まずターミナル駅構内の書店で本を物色。欲しかった本があったのですが、なかなか見つからず。半ば諦めていた頃、発見!

書店の前のカフェでスイーツとカフェオレを頼んで、買ったばかりの本を読みながら、優雅にティータイム。大きなスーツケースと一緒なので、旅行にでも行くような場面なのに、実際は入院というギャップが自分でも可笑しい。

さて、約束の時間が近づいたので、病院へ向かうとしますか。

入院受付に着いたのは10時25分頃。受付に入院申込み書を提出すると「看護師を呼びますので少しお待ちください」と最初は言われましたが、5分くらい待つと、9階の○○病棟のナースステーションに行くように(一人で)言われました。

いよいよ病室へ。

カテゴリ内の記事一覧

入院準備

入院当日の朝

病室の様子(入院当日)

クリニカルパス(入院当日)

手術前日(入院2日目)

インフォームドコンセント

Copyright(c) 2005-2006 乳がん67days all rights reserved.