乳がん告知後、全摘手術、そして乳がんではなかった(誤診)ことが判明

お金の問題

がんはお金がかかるということはなんとなくわかっていましたが、一体いくらかかるのでしょう。

治療内容で、大幅にかわりますが、手術、放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン療法を受けると仮定すると、ざっくりとですが、

手術-------20万円~30万円ぐらい
放射線治療(平日は毎日、25回ぐらい)------20万円ぐらい
抗がん剤治療------40万円から50万円ぐらい
ホルモン療法(注射2年間、薬5年間)-------60万円ぐらい

告知から1年以内は治療が盛りだくさんですので大きなお金が動きます。ゆうに100万円は超えるでしょね。ホルモン療法は注射に2年、投薬が5年という長丁場です。診察や検査代、交通費も合わせると、総額で200万円ぐらい考えたほうがよさそうです。

医療費だけではなく、乳がんになったことで仕事をセーブしていますので、収入が激減。
この分も入れると、×××円!!

私はがん保険に入っていません。生命保険にも入っていません。な~んにも入っていません~。この記事を読んでいる方で、がん患者ではない方は、がん保険に入ることをおすすめします。

上記は、乳がんの治療において考えられるものをあげましたが、乳がんの進行度によって治療内容は違います。患者側でやりたくないという治療もでてくるでしょう。参考程度にしてください。
カテゴリ内の記事一覧

乳がんの治療を先に延ばしたいという衝動

乳がんを放置したら...

娘はハイリスク

全摘よりリンパが重要

お金の問題

抗がん剤拒否

初発・再発・転移

不治の病

乳房切除後疼痛(とうつう)症候群

Copyright(c) 2005-2006 乳がん67days all rights reserved.