乳がん告知後、全摘手術、そして乳がんではなかった(誤診)ことが判明

乳がん67daysトップへ > Diary > 前を向いて歩いて行くために(2)  2005/11/30

前を向いて歩いて行くために(2)  2005/11/30

どうして、こんな事になってしまったのでしょうか?私がいけなかったの?

誰も悪くないということでは済まされないのでは?それで、自分を責めてみる。

細胞診の結果で乳がんを告知されたとき、セカンドオピニオンをとるべきだったの?乳がんだということをすぐ受け入れてしまったから、こんなことになったの?

夜、もうひとつ別のところに電話で相談してみました。

今度は泣かずに落ち着いて話すことができたので、最初の電話も無駄ではなかったようです。

相談相手に経緯を話すと、すごく驚いていました。病院名を聞かれたので、ひと呼吸おいて告げたところ、「まさかA病院で!」と殊更驚いていました。主治医の名前もよろしければ、と聞かれましたが、それは答えませんでした。

私が電話で救われたのは、

A病院の細胞診でがんと告知されたら、まずセカンドなどとらないと。それほどまでにA病院は乳がん治療において定評があると。自分を責める必要はないと。

そして、先方の口から「誤診の可能性」という言葉が出て、「あぁ、誤診と思ってもいいんだ!」と、気持ちが楽になりました。

「誤診」という言葉は使えなかった....。
自分で「ここだったら大丈夫」と思って選んだ病院だったから。

でも、病理診断結果で「乳がんではない」といわれた時、真っ先に頭に浮かんだ事は「誤診?」ということでした。

明日は、

本当のことを知りたい。

もし、誤診だったら、謝罪してもらいたい。

誠意のある態度で説明してもらいたい。

そうすれば、前を向いて歩いて行ける。

カテゴリ内の記事一覧

この日を境に  2005/8/30

乳がんは完治しない  2005/9/6

乳ガンは再発・転移が多い  2005/9/7

転移ははじまっている??  2005/9/8

調べれば調べるほど  2005/9/9

八景島シーパラダイス  2005/9/20

単身赴任終了  2005/10/1

来週こそはディズニーシー  2005/10/2

風邪ひいたかな  2005/10/3

兄のキモチ  2005/10/4

入院はいつ? 2005/10/12

手術日決定  2005/10/13

いってきま~す  2005/10/18

もう退院しちゃいました  2005/10/24  

終わりにしたいけれど、終われない  2005/10/26

胸がふくらんできた!  2005/10/28

ピンクリボンの花束  2005/10/30

意識が術後の胸に集中する  2005/11/1

安心して入院できました  2005/11/2

子どもの預け先がない!  2005/11/4

本田美奈子さん  2005/11/6

患者しかわからない  2005/11/8

病理の結果は来週に延期  2005/11/9

自分では決められないかも知れない  2005/11/11

また、延期><  2005/11/14

ななつのお祝い 2005/11/16

学校休みたくない!  2005/11/17

拷問のような生検  2005/11/18

ホントに私はガンなのかしら??  2005/11/27

乳がんじゃなかった...。  2005/11/28

前を向いて歩いて行くために(1) 2005/11/30

前を向いて歩いて行くために(2)  2005/11/30

私のほかに苦しんでいる人  2005/12/1

Copyright(c) 2005-2006 乳がん67days all rights reserved.