乳がん告知後、全摘手術、そして乳がんではなかった(誤診)ことが判明

乳がん67daysトップへ > Diary > 病理の結果は来週に延期  2005/11/9

病理の結果は来週に延期  2005/11/9

10日(木)に病理の結果を聞きに行く予定になっていました。月曜日に浸出液を抜いてもらうために当日予約で病院に行った際、病理結果が木曜日には出ないとDr.から告げられ、来週の月曜日に延期になりました。

今私は、家事は以前より時間をかけてやっています。それは仕事(在宅で仕事をしています)をほとんどしていないから出来ていることなんですが、病理結果が出て治療方針が決まらないと仕事を進めることが出来ないのです。

リンパ節に転移がないことは既にわかっていますので、がんが全て非浸潤であればこの後の治療は必要ないのかな、と思っていますが、Dr.は期待を持たせることはわずかなことでも一切言わず、とにかく病理の結果が出てからとしか言いません。まぁ、当たり前ですが。

実はホントはドキドキなんですよ。病理結果で長期戦になることがわかれば、その治療内容が決まるわけですから。今までの中で一番緊張しているかもしれません。放射線に1ヶ月?化学療法に3~4ヶ月?ホルモン療法が5年?それともこれらは一切なし?

非浸潤がんとは、がんが乳管内にとどまっており、外に飛び出していないため、転移の心配がない「がん」。超早期のがんがこれに該当します。転移の心配がないので、全身療法の必要もなく、いわゆる切って終わり(手術)。ほぼ完治できるといわれている非常に予後の良い「がん」です。非浸潤がんの病理診断は大変難しく、術前の検査によって示されるのは、あくまで「非浸潤がんの疑い」であり、最終的には手術後の病理診断によって、浸潤している病変がないことが確認されてはじめて「非浸潤がん」という診断が確定します。
カテゴリ内の記事一覧

この日を境に  2005/8/30

乳がんは完治しない  2005/9/6

乳ガンは再発・転移が多い  2005/9/7

転移ははじまっている??  2005/9/8

調べれば調べるほど  2005/9/9

八景島シーパラダイス  2005/9/20

単身赴任終了  2005/10/1

来週こそはディズニーシー  2005/10/2

風邪ひいたかな  2005/10/3

兄のキモチ  2005/10/4

入院はいつ? 2005/10/12

手術日決定  2005/10/13

いってきま~す  2005/10/18

もう退院しちゃいました  2005/10/24  

終わりにしたいけれど、終われない  2005/10/26

胸がふくらんできた!  2005/10/28

ピンクリボンの花束  2005/10/30

意識が術後の胸に集中する  2005/11/1

安心して入院できました  2005/11/2

子どもの預け先がない!  2005/11/4

本田美奈子さん  2005/11/6

患者しかわからない  2005/11/8

病理の結果は来週に延期  2005/11/9

自分では決められないかも知れない  2005/11/11

また、延期><  2005/11/14

ななつのお祝い 2005/11/16

学校休みたくない!  2005/11/17

拷問のような生検  2005/11/18

ホントに私はガンなのかしら??  2005/11/27

乳がんじゃなかった...。  2005/11/28

前を向いて歩いて行くために(1) 2005/11/30

前を向いて歩いて行くために(2)  2005/11/30

私のほかに苦しんでいる人  2005/12/1

Copyright(c) 2005-2006 乳がん67days all rights reserved.