乳がん告知後、全摘手術、そして乳がんではなかった(誤診)ことが判明

乳がん67daysトップへ > ホルモン療法 > 女性ホルモンを餌にして増殖する場合

女性ホルモンを餌にして増殖する場合

乳がんの6割程度は、女性ホルモンの影響を受けて増殖する性質を持っています。これをホルモンレセプターのある乳がんといい、ホルモン療法の効果が期待できます。

この場合、再発予防薬として、エストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンを受け入れる窓口(受容体:レセプター)をふせぐ働きをする抗女性ホルモン剤(タモキシフェン)や、エストロゲンを抑える薬を使用します。

つまり、癌に餌をやらず、大きくしない。場合によっては、画像上癌細胞がわからなくなることもあるそうです。

ホルモンレセプターがあるか否かは、手術で摘出した乳がん細胞を調べて、ホルモンレセプターが陽性(+)か、陰性(-)かでわかります。エストロゲンレセプター、プロゲステロンレセプターがどちらかが陽性の場合、ホルモン療法が有効とされています。

ホルモンレセプターが陽性(+)の場合は、ホルモン療法のみか、ホルモン療法と化学療法(抗がん剤)を受けるか、病理診断結果によって判断されます。

ホルモン療法は長期にわたります。ゾラデックスという注射を月1回2年間、ノルバデックスという飲み薬を5年間服用します。

ホルモン療法に用いる薬は、抗がん剤に比べて、副作用が大変ではないといわれますが、更年期障害の症状が出たり、子宮筋腫・子宮内膜ガンのリスクが高まると言われます。ゾデラックスという注射は基本的に生理がとまります。

※閉経前と閉経後
使用する薬が違います。上記では閉経前の薬を書きました。

カテゴリ内の記事一覧

女性ホルモンを餌にして増殖する場合

Copyright(c) 2005-2006 乳がん67days all rights reserved.