乳がん告知後、全摘手術、そして乳がんではなかった(誤診)ことが判明

乳がん67daysトップへ > 治療法 > 治療法を決めるのは自分

治療法を決めるのは自分

術後の抗がん剤やホルモン療法を補助治療といいます。これは再発予防のため行われますが、治療方針や内容は、地域差や医師による違い、ばらつきがあります。

そこで、治療法を考える判断基準として「標準治療」を知っておくと安心です。

標準治療とは、その時点で最も効果が高いと科学的に証明された治療法のことで、世界標準のガイドラインは、2年に1度開かれる会議で決定される乳がん治療の方針に基づいています(サンクトガレンガイドライン)

医師は、病理結果に基づき、再発を予防するために補助治療の組み合わせを何通りか提示します。

この中からどれを選択するかは、患者本人の選択にまかされます。

例えば、できるだけ抗がん剤を投与したくない意向であれば、それを選ばないことも可能でしょう。ただし、それを選ばないことで受けるリスクなどは、医師から充分説明を受け、納得する必要があります。

再発したら治癒は望めません。「あの時、○○をやっていれば」と後悔しても遅いのです。

カテゴリ内の記事一覧

治療法を決めるのは自分

化学療法(抗がん剤)をやらずに済むには

Copyright(c) 2005-2006 乳がん67days all rights reserved.