乳がん告知後、全摘手術、そして乳がんではなかった(誤診)ことが判明

術後1ヶ月

手術後1ヶ月が経つ頃は、傷の痛みもほとんどなく、本当にラクになります。

リンパ節は郭清していませんが、センチネルリンパ節生検の時の傷で、術後はわきの下が痛みますし、つっぱり感もあります。

術後すぐ腕はほぼ真上に上がりますが、左右の動きは痛いです。腕と反対側の耳たぶをつかむということがなかなかスムーズにいきません。

着替えも不便です。かぶり物の脱ぎ着は時間ばかりかかるので、前開きの洋服ばかり着ていました。袖口がタイトな服もNGでした。

家事で不便を感じたのは、お風呂そうじ。細かく左右上下の腕を動かすと、痛みがあるので、手術していない腕でやっていました。

これらの不便なことも術後1ヶ月でほぼ改善されます。痛みやつっぱり感を全く感じなくなる時はないのかもしれませんが、月日が経過することで、どんどん軽減されていくのでは、と感じています。

カテゴリ内の記事一覧

今は温存が主流です

傷跡

術後の浸出液

術後1ヶ月

Copyright(c) 2005-2006 乳がん67days all rights reserved.