乳がん告知後、全摘手術、そして乳がんではなかった(誤診)ことが判明

乳がん67daysトップへ > 手術 > 今は温存が主流です

今は温存が主流です

乳がんの手術には、乳房を残す「乳房温存術」、乳房全部を切除する「乳房切除術」(全摘)があります。

ひと昔前までは、乳がんといえば「乳房切除術」」(以降全摘)が行われていましたが、いまの主流は温存術。がん細胞の取り残しがない全摘に対して温存術は、がん細胞の取り残しの可能性がありますが、術後、放射線治療を行うことで、全摘と同じ効果が得られるとのこと。

また、全摘と温存では生存率に違いのないことから、できるだけ小さく切る、という手術が行われているようです。

私は全摘です。

手術で乳房を全部とるというと、「なんで?やめたほうがいい」とか、「○○病院では温存ができるとか」言われましたが、私は納得しています。

がん細胞が死んだと思われるカルシウムが付着した微細な石灰化が乳管全体に広がっていますし、乳頭のただれからもがん細胞が出ました。乳頭も残せません。よって全摘なのです。

「○○で温存ができる」と言われると、こちらの勉強不足を指摘されたような、可哀相と思われているような気がして、ちょっと心が乱れます(笑)。

私は主治医と病院を信頼しています。納得して治療を受けることを目標としています。

カテゴリ内の記事一覧

今は温存が主流です

傷跡

術後の浸出液

術後1ヶ月

Copyright(c) 2005-2006 乳がん67days all rights reserved.