乳がん告知後、全摘手術、そして乳がんではなかった(誤診)ことが判明

乳がん67daysトップへ > リンパ節郭清 > リンパ節郭清はしないで下さい

リンパ節郭清はしないで下さい

手術前には、夫も同席してインフォームドコンセントがカンファレンスルームで行われ、まず、ホワイトボードにイラスト入りで、「乳がんとは」の説明から入り、私の病状説明に入りました。

中盤にさしかかり、いよいよセンチネルリンパ節生剣の説明です。主治医からひと通りの説明を受けたあと、「もし、センチネルリンパ節に転移があっても、リンパ節郭清はしないでいただけますか?」と申し出ました。

それを受けた主治医は、「そういう人も実際いらっしゃいますし、それは可能です」と言ったあとで、センチネルリンパ節に転移があって、リンパ節を郭清しない場合は、

●リンパ節再発の確立が高くなる
●術後、放射線照射が必ず必要
●標準治療ではない>再発予防のための指針(臨床データ)がない

とリスクをまず挙げ、

そして、

●リンパ節郭清はレベル2までしか切除しないので(リンパ節はレベル3まである)、術後の運動機能はあまり心配しなくて大丈夫です

と言いました。

私が「リンパ節郭清し、リンパ浮腫になる割合はどれくらいですか」という質問については、「10人中2人」との回答。

先に、リンパ節郭清をしない場合のリスクを説明されて、リンパ節郭清をしないことの不安が増し、「10人中2人」という決して少なくない割合を聞いて、気持ちが揺れます。

主治医はすぐ答えはでないでしょうから、明日の午前中まで決めてください。と言いましたが、明日は私の口から主治医に伝えることはできません。今主治医がいる前で回答したいと思いました。

結局、センチネルリンパ節に転移があった場合は、リンパ節郭清をお願いしました。理由は、

●主治医が、たぶんリンパ節への転移はないと思います、と2度言ったから。

●病院に入院して、患者がこの病院の医師を信頼していること、日本全国から患者が集まっていることがわかり、医療レベルの高さを実感したから。

主治医がいリンパ節転移はないと言ったからにはたぶん転移はない、大丈夫。それでももし、転移があった場合は、想定外の結果ということになります。その場合はリンパ節郭清した方が安心だと思ったのです。

カテゴリ内の記事一覧

できるだけリンパ節郭清はしない方針の病院を選びました

センチネルリンパ節生検 /マーキング

リンパ節郭清はしないで下さい

センチネルリンパ節生検 /手術中の迅速病理

センチネルリンパ節生検 /永久病理診断の結果

Copyright(c) 2005-2006 乳がん67days all rights reserved.