乳がん告知後、全摘手術、そして乳がんではなかった(誤診)ことが判明

検診内容

検診目的の検査では、一般的に視触診検査、画像検査が行われます。

視触診検査では、乳房を観察して、乳房の変形、乳頭および乳輪の異常、皮膚のひきつれなどがないかを確認します。さらに実際に触って、しこりの有無を調べます。

画像検査には、超音波(エコー)検査とマンモグラフィ検査があり、手に触れないごく小さなしこりを見つけることができます。

特に、マンモグラフィでは、乳がんの初期症状である「微細な石灰化」をうつし出し、超早期の発見が可能です。しかし、マンモグラフィは乳腺が多く乳房の密度が高い年齢(30歳代以下)だと、乳房全体が白っぽく写り、しこりが隠れて発見しにくいというデメリットがあります。

画像検査の場合、医師の力量によって、結果が左右されるため、症例を多く扱っている施設での検診が有効になります。

上記の検査で異常が見つかると、精密検査が必要になります。

私は自分でしこりを見つけ、乳腺外来を受診し、視触診、超音波検査を受け、当日に細胞診を行いましたが、その時は、レベルIIで悪性の所見なし、でした。

1年半後、はじめて受けたマンモグラフィで「微細な石灰化」が見つかり、A病院で精密検査を受けることとなりました。

カテゴリ内の記事一覧

検診内容

A病院での初診

左:カテゴリー4 右:カテゴリー5

初診での検査

超音波(エコー)と細胞診

Copyright(c) 2005-2006 乳がん67days all rights reserved.