乳がん告知後、全摘手術、そして乳がんではなかった(誤診)ことが判明

乳がん67daysトップへ > 見落とし > センセーショナルなタイトルをつけた理由

センセーショナルなタイトルをつけた理由

乳がんの定期検診をすすめる声が年々増えてきています。

私は自分でしこりを見つけ、乳腺外来に行きました。
最初の診察メニューは、視触診、エコー、細胞診。

経過観察と言われ、何度か定期検診をしましたが、一度もマンモグラフィをしていませんでした。

初診から1年経過した診察で、しこりの大きさに変化がないことから経過観察の終了を告げられました。

それからしばらくして、乳頭に、ある変化がみられ、それまで診てもらっていた乳腺外来に行き、はじめてマンモグラフィをしました。

画像の乳房内には微細な石灰化が拡がっていました。それも両方の胸にです。大きな病院での精密検査をすすめられました。紹介状には「両胸、がんの可能性が疑われる」の文字が。

微細な石灰化はマンモグラフィでないと見つけることはできません。しこりになる前の段階の石灰化の場合は、手術で乳房を全摘すれば、その後の補助療法(抗がん剤、ホルモン剤)もいらず、完治できると言われています。

私は初診から経過観察と何度も診察に訪れています。なぜ、今までマンモグラフィをしてくれなかったのでしょうか?

たくさんの体験記を読んでみると、見落としは少なくないことがわかりました。経過観察中でも気になることがあれば、病院を変えることを検討してはいかがでしょうか。このことを伝えたくて、「見落とし」というセンセーショナルなタイトルをつけました。

微細な石灰化とは
何らかの増殖細胞が死滅した後、カルシウムが沈着したもの。マンモグラフィーを撮影するとこの石灰化は白い点状や線状として写ってきます。1mm以上の大きさのものは良性疾患によるものがほとんどですが、それ以下のもので、線状(乳管の中をはうように)に存在したり、局所に固まって集っているなどが悪性を疑う所見となります。
カテゴリ内の記事一覧

センセーショナルなタイトルをつけた理由

告知から1年半前

最初の細胞診の結果

告知から1年前

告知から半年前

気になるものの

がん!?

この医者、大丈夫?

がんの疑いあり

Copyright(c) 2005-2006 乳がん67days all rights reserved.